ペットを飼う時に役立つペット保険|サービス選びは適したものを選ぶ

ペットの葬儀とは

供養

ペットも家族の一員

近年のペットブームは衰えを知らず、大阪でもそれはさらに高まる傾向にあります。その理由のひとつは、高齢化社会となり一人暮らしの人などがペットに心の拠り所を見つけるような場合が多くなったことも考えられます。大阪でも犬や猫を筆頭に様々な種類のペットが飼われています。ただのペットとしてではなく、家族の一員として扱われている犬や猫もたくさんいます。そのようなペットが亡くなった時に、人間と同じような葬儀で見送りたいと考える人がいるのも当然です。大阪では、ペットの遺体は連絡すれば環境事業センターが有料で引き取りに来てくれます。ペットの遺体は、ゴミと同じような扱いになるのでそれに抵抗を感じる人も少なくありません。そのため大阪のみならず全国でもペット葬儀を依頼する人が増えています。

人間と同じような葬儀とは

ペット葬儀は、様々なプランがありますが人間と同じような葬儀をしたい場合は、「立会個別火葬」というプランがおすすめです。これは、ペットを個別で火葬しそれに立ち会うことができるペット葬儀です。拾骨まで出来るので人間の火葬とほとんど変わりがなく、遺骨はペット霊園に委ねることもできます。ペットの火葬前には、お棺にお気に入りの餌や花などを入れてお別れをすることもできます。最近は、ペット火葬炉の条件が厳しくなり火葬車を使う業者も増えました。火葬車は、自宅や近所の空き地など指定の場所に来て、そこでペット葬儀を行うことができます。火葬車は、煙もニオイも出ないので周りの環境に影響を与えません。車両のタイプは軽自動車からトラックタイプまで様々なものがあります。